トップページに戻る


英語で書く基本が身につく本」の補足

プレイン・イングリッシュの文の つなぎ方
わかりやすい英文報告書の作成方法

プレイン・イングリシュの文のつなぎ方

 

はじめに

 

プレイン・イングリッシュの文体を使った文章の中で、どのように小文と小文をつなげたらよいかを、米国環境保護局のプレイン・イングリシュで書かれた「大気汚染防止法の要約」を例に使って調べてみます。

 

日本語で考えたことや日本語で書かれたものを英文で表現するときの基本はつぎのとおりです。

 

(1)   日本文を最小の内容を持つ小文に分解する。

(2)   この日本語の小文を英語の基本文型を使った小文で表現する。

(3)   英語の小文と小文を、必要に応じて、論理的につなげる。

(4)   プレイン・イングリシュの文体を使う。

 

上のそれぞれの項目については「英語で書く基本が身につく本」で説明してあります。

 

プレイン・イングリシュの基本のひとつに、内容を読者に明確に伝えるために「短い文で書く」があります。これは日本語を母語とする私達にとって大切な英語を書くときの基本です。私達は日本語で考えるときは先ず小文で考えるのでしょうが、いざ考えを文章にまとめるとなると長い文を書く傾向があります。日本文では、文のはじめに状況などを修飾節でのべてから、文の最後に述語をつけて文を完結させます。また日本語の動詞と形容動詞の変化、助詞の多様さと柔軟性を使って小文を次々とつなげていくことが容易です。このために文が長くなります。

 

このような日本語の発想法に慣れているので、英文を書くときにも長い文を書かないと落ち着きません。そして英文でも日本文のようにいろいろと関連した内容をひとつの文に入れて英文を書こうとして苦労します。これが英文を書くことを必要以上に難しくしている原因のひとつでしょう。

 

ではこのような苦労をせずに、小文だけで構成された英文を書いたらどうでしょうか?

 

小文だけの文章でも、小文の順序を工夫することによって、効果的に内容を伝える文章が書けます。小文だけで構成された文章は読者の注意が個々の小文に注がれるために、文章全体としての内容の把握に時間がかかります。これは読者が頭の中で小文と小文のつながり方を考えるためです。このような作業を読者にさせないために、小文と小文をつなぐ必要があります。また複雑な内容を読者に伝えるために、小文と小文の間の関係を明確に読者に示す必要もあります。このように小文だけで構成された文章には内容を正確に、読みやすく読者に伝える上で制約があります。

 

日本語で考えたことを小文で表現できるようになったら、次に小文と小文を効果的にそして論理的につなげる方法を習得する必要が出てきます。

 

ではプレイン・イングリッシュの文体を使って書いた実務文では、どのように、そしてどの程度に小文と小文をつなげたらよいでしょうか?先ずは小文と小文のつなぎ方の基本を簡単に整理してみましょう。

 

 

小文と小文のつなぎ方の分類

 

 

1.        文頭に副詞、副詞句を使う

I missed my regular bus this morning.

I had to take a taxi.

I missed my regular bus today this morning. As a result, I had to take a taxi.

 

2.        並列につなぐ

 

等位接続詞(and, but, or, nor, for, so, yet)で文をつなぐ

My wife was happy.

I was not happy.

My wife was happy but I was not.

 

コロンで文をつなぐ

There are three principles for good public speech.

Know your audience.

Know yourself.

Use all means of communications.

There are three principles for good public speech: know your audience, know yourself, and use all means of communications.

 

セミコロンで文をつなぐ

I was very pleased with his performance.

It was much more than what I had expected.

I was very pleased with his performance; it was much more than what I had expected.

 

3.        従属節でつなぐ

 

完全な形の従属節で文をつなぐ

 

I heard the news.

I was so pleased.

When I heard the news, I was so pleased.

 

簡略化された従属節で文をつなぐ

 

I heard the news.

I was so pleased.

Hearing the news, I was pleased.

 

I was pleased with the news.

I phoned him.

Pleased with the news, I phoned him.

 

I heard the news.

I was so pleased.

To hear the news, I was pleased.

 

比較の従属節で文をつなぐ

 

I was so pleased.

I phoned him.

I was so pleased that I phoned him.

 

4.        関係詞節でつなぐ

 

完全な形の関係詞節で文をつなぐ

 

I head the news.

The news took my by surprise.

I heard the news that took me by surprise.

 

関係詞の省略された形の関係詞節で文をつなぐ

 

I phoned.

The first person was my wife.

The first person I phoned was my wife.

 

簡略化された形の関係詞節で文をつなぐ

 

I heard the news.

The news was broadcast on the radio.

I heard the news broadcast on the radio.

 

I heard the news.

The news announced the approach of a typhoon.

I heard the news announcing the approach of a typhoon.

 

5.        名詞節で文をつなぐ

 

why, how等の関係副詞で始まる名詞節で文をつなぐ

 

This is exactly the product.

I wanted this product.

This is exactly what I wanted.

 

I do not know the way.

You manage this.

I do not know how you manage this.

 

Thatで始まる名詞節で文をつなぐ

 

I am pleased.

You have received a job offer.

I am pleased that you have received a job offer.

 

6.        小文の内容をを他の小文に組み込んで文をつなぐ

 

不定詞の名詞用法

 

His first priority is this.

He finds a job.

His first priority is to find a job.

 

不定詞の形容詞用法

 

I have a dream.

I want to go to France.

I have a dream to go to France.

 

不定詞の副詞用法

 

He takes an English lesson.

He wants to speak English.

He takes a lesson to speak English.

 

主語+動詞+目的語+to do

 

I told you.

You come here right away.

I told you to come here right away.

 

現在分詞の名詞用法(動名詞)

 

You always complain about your job.

This will not lead you anywhere.

Always complaining about your job will not lead you anywhere.

 

現在分詞の形容詞用法

 

A baby is crying.

It makes me nervous.

A crying baby makes me nervous.

 

過去分詞の形容詞用法

 

Leaves were scattered.

Leaves covered the street.

Scattered leaves covered the street.

 

S+V+O+現在分詞

 

I saw him.

He was singing in a Karaoke bar.

I saw him singing at a Karaoke bar.

 

S+V+O+過去分詞

 

I watched her.

She was applauded by the audience.

I watched her applauded by the audience.

 

 

プレイン・イングリシュの文の長さ

 

では次に上のような小文のつなぎ方がどの程度にプレイン・イングリッシュの文章の中で使われているか検証してみましょう。例文として米国環境保護局が作成したプレイン・イングリッシュによる大気汚染防止法の要約http://www.epa.gov/air/oaqps/peg_caa/pegcaain.htm を使います。

 

この報告書は短いもので文の総数は404です。文の長さを単語数ではかり、この報告書の文の長さの分布を取ってみました。





0語以下の短い文が全体の63パーセントを占めています。文章を構成する文の長さは相対的なものなので他の文章と比較してみました。英語の新聞で文章が読みやすいという定評のあるThe Christian Science Monitor http://www.csmonitor.com/ の報道記事では20語以下の文が文章の56パーセントです。またThe New York Timesの書評ページにあるノンフィクションのサンプル http://www.nytimes.com/pages/books/chapters/index.html では20語以下の文が全体の44パーセントです。このことからプレイン・イングリシュの文章は他の文章に較べて短い文を多用していることがわかります。

 

大気汚染防止法の要約では10語以下の文も文章全体の13パーセント使われています。下にこの報告書の最初の部分をコピーしました。

 

Why should you be concerned about air pollution?

 

Air pollution can make you sick. It can cause burning eyes and nose and an itchy, irritated throat, as well as trouble in breathing. Some chemicals found in polluted air cause cancer, birth defects, brain and nerve damage and long-term injury to the lungs and breathing passages. Some air pollutants are so dangerous that accidental releases can cause serious injury or even death.

 

上の文章ではこの報告書全体の問題意識としてWhy should you be concerned about air pollution? と簡潔に疑問を提示しています。また次の段落の最初の文はAir pollution can make you sick. とこの段落の主要点を短く書いています。このように短く要点を書いた文は読者に強い印象を与えます。文章の主題を簡潔に短い文で述べてから、もう少し長い文を使って主題の内容を説明する、という書き方は読者の注意をひきつけ、文章を読んでみようという好奇心を起こすために効果的です。 

 

次に41語以上の長い文の例を見てみましょう。大気汚染防止法の要約にはこのような長い文は次の2例しかありません。

 

例1

 

Since smog travels across county and state lines, when a metropolitan area covers more than one state (for instance, the New York metropolitan area includes parts of New Jersey and Connecticut), their governments and air pollution control agencies must cooperate to solve their problem.

 

この長い文を小文に分けて表現すると次のようになります。

 

Smog travels across county and state lines. But a metropolitan area covers more than one state. For instance, the New York metropolitan are includes parts of New Jersey and Connecticut. Therefore, the governments and air pollution control agencies in these counties and states must cooperate to solve their problem.

 

もとの長い文ではsincewhenを使った修飾節で小文をつなげています。小文で表現したときに較べて、文と文との因果関係がはっきりしています。また修飾節が並列に文の中に入っているので、文の長いですが読者はそれぞれの修飾節の内容を理解しながら次に進むことができます。

 

2

 

We should see improvement as sulfur dioxide and nitrogen oxide levels decline, resulting in decreased acid rain and acid aerosols, but we don't know exactly how long it will take to restore lakes and streams and we don't know exactly what the lakes and streams and their inhabitants, including fish, will be like when air pollution is reduced.

 

この長い文も小文に分けて表現すると次のようになります。

 

We should see improvement as sulfur dioxide and nitrogen oxide decline. This will result in decreasing acid rain and acid aerosols. But we don’t know exactly how long it will take to restore lakes and streams. Moreover, we don’t know exactly what the lakes and streams and their inhabitants, including fish, will be like when air pollution is reduced.

 

もとの文の長い理由の一つはsulfur dioxide, nitrogen oxide, acid rain, acid aerosolsなどの技術的な用語を文中に入れる必要があるためです。文全体の構成は内容が文の最初の部分から順順に後ろに並列に続くようになっているので、読者にわかりやすくなっています。小文で表現した1番目と2番目の文はもとの文のようにWe should see improvement as sulfur dioxide and nitrogen oxide levels decline, resulting in decreased acid rain and acid aerosols.とひとつの文にしたほうが因果関係がはっきりします。3番目と4番目の小文は、このように分けたほうがもとの長い文より読みやすくなると思います。

 

以上の検証からプレイン・イングリシュの文の長さについて一般的に次のことが言えます。

 

(1)   プレイン・イングリシュでは短い文を書く(平均ひとつの文に20語前後)

(2)   10語前後のごく短い文を段落の主題や、読者に内容を強調して伝えたいときに有効に使う。

(3)   因果関係を明確にしたいときには修飾節を入れて文が長くなっても良い。ただし、修飾節は文の中に並列に入れて、文全体の構造を簡単にする。

 

 

段落の長さ

 

大気汚染防止法の要約の段落の大きさを段落の中の文の数で調べてみました。次の表のような分布になっています。




段落中の文の数の平均は2.9です。この報告書の段落はとても短いことが特徴です。それぞれの段落で要点をひとつだけ述べてることで、読者が報告書全体を読むやすいようにしてあります。インターネットでこの報告書をご覧になるとわかりますが、短い段落の多い報告書は段落と段落の間に空間があるので、読者が報告書を読むときに、いまどこを読んでいるのか、視覚的にも明確になります。

 

プレイン・イングリッシュでは文を短く書くだけでなく、段落も要点をひとつだけ述べて短くします。

 

 

小文と小文のつなぎ方

 

大気汚染防止法の要約を「小文と小文のつなぎ方の分類」によって、一つ一つの文のつなぎ方の調べて、分布を取ると下の表のようになりました。表の中の文のつなぎ方を例を挙げて調べてみます。





文頭に副詞、副詞句をつかう

 

小文と小文の内容をつなげる一番簡単な方法は、文頭に副詞、副詞句を使うことです。このような副詞、副詞句は次の例のようにたくさんあります。

 

Also, however, otherwise, consequently, indeed, similarly, finally, likewise, then, furthermore, moreover, therefore, hence, nevertheless, thus, nonetheless, thus, nonetheless, besides, as a result, for example など。

 

大気汚染防止法の要約では報告全体の404文中に、このような文頭の副詞、副詞句が17回(4パーセント)使われています。now, typically, for instance, first, then, also, otherwise, unfortunately, in the meantimeが使われています。 次に2例をあげます。

 

1

 

These new flexible programs are called market or market-based approaches. For instance, the acid rain clean-up program offers businesses choices as to how they reach their pollution reduction goals.

 

2

 

Here's how the 1990 Clean Air Act reduces pollution from criteria air pollutants, including smog. First, EPA and state governors cooperated to identify non-attainment areas for each criteria air pollutant.

 

文頭に使える副詞、副詞句の種類は多いですが、大気汚染防止法の要約で使われている副詞、副詞句の種類は少なく、また頻度も低いことがわかります。プレイン・イングリッシュでは文章の中の文の構成に注意をして、文頭の副詞、副詞句が無くても、文から文へと読者が内容のつながりがわかるようにします。文頭の副詞、副詞句が多いと文章を読んだときに煩瑣な印象になります。

 

 

小文と小文を接続詞で並列につなぐ

 

並列接続詞 and, but, or, nor, for, so, yetを使って、二つの同じ程度の内容を持つ小文をつなげる方法は、小文の連結の基本です。大気汚染防止法の要約でもこのような小文の連結は404文中に34回使われています。and が一番多く使われていて19回,but 9回、or 3回、so 3回です。いくつかの例を見てみましょう。

 

1

 

The 1990 Act could change the way you work or do business, and it could, in some ways, change the way you live.

 

例2

 

The law allows individual states to have stronger pollution controls, but states are not allowed to have weaker pollution controls than those set for the whole country.

 

例3

 

What if a company wants to expand or change a production process or otherwise increase its output of a criteria air pollutant?

 

例4

 

The deadlines in the 1990 Clean Air Act were designed to be more realistic than dead- lines in previous versions of the law, so it is more likely that these deadlines will be met.

 

二つの小文を独立して並べるよりも、接続詞によって文をつなぐことによって、文と文の間の関係を示すことが出来ます。例1ではandで並列につないだ二つの文の主語は同じですが、2番目の文の内容は、in some wayという句で条件がつけられています。このために、andの前にコンマがあり、読者に一呼吸おいて次の文を理解することを促しています。もし、in some waysという条件がなければ、次のようにコンマのない連結をするでしょう。

 

The 1990 Act could change the way you work or do business and also could change the way you live.

 

例2と例4では二つの文の主語が違います。このようなときには一般的に接続詞の前にコンマを入れて読者に最初の文の内容を理解してから、次の文の内容を理解するように促します。

 

3では二つの小文の主語が同じで、内容の関連性が高いので、2番目の文の主語は省略され、また接続詞の前にコンマを入れません。

 

 

小文と小文をセミコロンで並列につなぐ

 

セミコロンを使って小文をつなぐ方法については上級問題の添削6で説明しましたが、ここにコメントをコピーします。

 

「英語で書く基本が身につく本」の152ページで、セミコロンの使い方の説明を「文と文の間の接続詞を省略するとき、文と文の関係があまり密接でないときに、セミコロンを使います。」と書きましたが正確ではありませんでした。

 

次のように説明すべきでした。「二つの文を接続詞のand, or, but, yetで結ぶことが出来るときに、接続詞を省略して、セミコロン(;)を使うことがある。セミコロンはセミコロンの前後の文の内容が関係していることを示し、(1)接続詞で結ばれたもとの文を二つの短い文に分けることで、文章を読みやすくする、(2)セミコロンの前後の文を対比させる、(3)セミコロンでセミコロンの前の文が後の文に続く感じを読者に起こして後の文を強調する、効果があります。」

 

セミコロンでつなげる二つの小文はそれぞれが独立しても内容が伝わる文でなければいけません。すなわち、セミコロンの代わりにピリオドを使っても文章の意味が通じるときに、特殊な効果をつくるためにセミコロンを使います。

 

大気汚染防止法の要約ではセミコロンが18回(全体の文の数の5パーセント)使われています。セミコロンの使用頻度が高いのが現代実務文の特徴です。プレイン・イングリッシュ以外の文体の文章でもセミコロンがよく使われます。まずは大気汚染防止法の要約の中のセミコロンの用例を見てみましょう。

 

例1

 

Permit applications and permits are available to the public; contact your state or regional air pollution control agency or EPA for information on access to these documents.

 

例2

 

This summary includes a section on Consumer Products; see that section for information on how the Clean Air Act will affect products you use every day.

 

例1と例2ではセミコロンの後の文は前の文の補足説明です。セミコロンの代わりにピリオド使って二つの独立した文にした場合と較べると、セミコロンによって二つの文のつながりが強くなる感じがします。この「感じが強くなる」ということは、セミコロンを使った文章をいろいろな機会に読んでいると、だんだんとセミコロンを使った文に共通する感じがつかめてきて、「なるほど、セミコロンの使い方にはこのような共通な修辞法が出来てきているのだな」とおもうようになることだと思います。私はセミコロンがあまり使用されなかったころに英作文の訓練を受けたせいか、セミコロンの使い方がいまだに不得意です。

 

例3

 

Sources that stay in one place are referred to as stationary sources; sources that move around, like cars or planes, are called mobile sources.

 

例4

 

One set of limits (primary standard) protects health; another set of limits (secondary standard) is intended to prevent environmental and property damage.

 

例3と例4はセミコロンを二つの文の対比に使っています。セミコロンをwhileと置き換えられます。whileを使った場合に較べて、文が簡潔になる、文に緊張感が生まれるという利点があります。

 

例5

 

Acid rain does more than environmental damage; it can damage health and property as well.

 

例6

 

Keep an eye on the Clean Air Act; it could change your life!

 

例5と例6では、二つの独立した文にしたときに較べて、セミコロンでつなぐことによって文と分の間に緊張感が生まれます。話し言葉の例にすれば、ピリオドでは二つの文の間に一呼吸おくのにたいして、セミコロンはもっと短い半呼吸の間をとって聞き手を話しに誘い込むといった感じです。

 

セミコロンはプレイン・イングリシュうによく使われるので、セミコロンを使った文にであったら注意してどんな感じで使っているのか考えてみましょう。このようにすればだんだんと使いか他のコツが身につくと思います。

 

 

コロンを使って文をつなげる

 

コロンの使い方で一番多いのは箇条書きの前です。箇条書きは内容の整理に有効な方法であり、また視覚的にも読みやすいのでプレイン・イングリシュの実務文によく使われます。大気汚染防止法の要約では2回使われています。使用頻度が少ないのは、この報告書は段落が短くて読みやすくなっているためと、要約なので詳細な例を並べてあげることが無いためです。

 

例1

 

At present the United States:

 

·           Motor vehicles are responsible for up to half of the smog-forming VOCs and nitrogen oxides (NOx).

·           Motor vehicles release more than 50 percent of the hazardous air pollutants.

·           Motor vehicles release up to 90 percent of the carbon monoxide found in urban air.

 

例2

 

These are acid chemicals, related to two strong acids: sulfuric acid and nitric acid.

 

 

従属節でつなぐ

 

二つの小文の一方(従属節)がもう一方(主節)の内容の目的、条件、目的、理由、時間などの因果関係を示すときにはas, since, because, if, when などで始まる文で従属節をつくって二つの文をつなぎます。文と文の因果関係をしめすために大切な文のつなぎ方なのです。大気汚染防止法の要約でも68回と多く使われています。次に例を示します。

 

例1 完全な従属節

 

Although the 1990 Clean Air Act is a federal law covering the entire country, the states do much of the work to carry out the Act.

 

You can sue the government or a source's owner or operator to get action when EPA or your state has not enforced the Act.

 

The smog-forming reactions take place while the pollutants are being blown through the air by the wind.

 

Some air pollutants are so dangerous that accidental releases can cause serious injury or even death.

 

Plants may only release as much sulfur dioxide as they have allowances.

 

例2 簡略化された従属節

 

Starting with model year 1994, engines for new big diesel trucks will have to be built to reduce particulate (dust, soot) releases by 90 percent.

 

Beginning in the year 2000, annual releases of sulfur dioxide will be about 40 percent lower than the 1980 levels.

 

Based on new scientific evidence, revisions have been made to both standards.

 

 

従属節を完全な従属節(基本文型になっているもの)と簡略化された従属節(分詞構文といわれるもの)に分けてみると、完全な従属節が61回、簡略化された従属節は3回使われています。簡略化された従属節は、従属節というより慣用句です。

 

小説では表現の多様化のために、簡略化された従属節がよく使われますが、プレイン・イングリッシュの実務文では、内容の正確な伝達のために、簡略化された従属節はあまりつかいません。従属節を使うときは完全な形で使うことが多いです。

 

 

関係詞節(関係代名詞節、関係副詞節)でつなぐ

 

大気汚染防止法の要約のなかで関係詞節は404文中に76回(19パーセント)と多用されています。日本語の文の構成は先ず修飾節で状況を述べてから、文の最後の述語を置きますが、英語では文の主題を簡略にで述べてから、修飾節で状況を説明します。このときに関係詞節がよく使われます。このような構文を持つ英語では関係使節を使って、文をいくらでも長くすることができます。

 

Today, I am going to see Mr. Tanaka whom I met at a party the other day which was given in honor of Mr. Suzuki who published a book on English grammar that has been the subject of his research for the last thirty years.

 

修飾節が述語の前に長々と続く日本文が読みにくいのと同様に、主題をのべてから修飾節がいくつも続く英文も読みにくいものです。関係詞節は英語の小文をつなぐ基本のひとつですが、プレイン・イングリシュでは関係詞節を使った文が長くならないように注意します。

 

関係詞節には関係詞と関係詞のあらわす名詞を省略する簡略化された形があります。大気汚染防止法の要約の文章では完全な形の関係詞節が41回、簡略化された関係詞節が35回使われています。次に例を見てみます。

 

例1(完全な形の関係詞節)

 

限定用法:

 

States have to develop state implementation plans (SIPs) that explain how each state will do its job under the Clean Air Act.

 

In areas where the weather is dry, the acid chemicals may fall to Earth in gases or dusts.

 

Acid air pollution has been linked to breathing and lung problems in children and in people who have asthma.

 

There are stiff penalties for plants which release more pollutants than their allowances cover.

 

大気汚染防止法の要約の文章では完全な形の関係詞節は限定用法に32回、非限定用法に9回使われています。

 

Thatwhichを関係代名詞の限定用法と非限定用法にどのように使用するかについての議論があります。Margery Fee and Janice McAlpine, Oxford Guide to Canadian English Usage, (Toronto: Oxford University Press, 1997) は次のように述べています。

 

「文法の本には限定用法にはthat、非限定用法にはwhichとするものが多いが、実際には文筆家は関係代名詞の限定用法にthatwhichの両方を自由に使っている。ただし非限定用法にthatを使用する人はごくまれである。そもそも限定用法にはthat, 非限定用法にはwhichということが文法の本に書かれるようになったのは、英語の語法の本の定番とされる H. W. FowlerFowler’s Modern English Usageから始まった。しかしFowlerは、thatwhichがともに

限定用法に使われていることを認め、もしthatが限定用法にwhichが非限定用法にという規則をあったら便利であろう、と言っているにすぎない。」

 

大気汚染防止法の要約の中では限定用法にthatwhichの両方が使用されていますが、that が21回、 whichが3回です。thatのほうがwhich より語感が強いので、名詞が修飾節で限定されていることを強調するときにはwhichよりthatが多く使われるのでしょう。関係代名詞の限定用法にはthatwhichのどちら使ってもよい。しかし関係詞節で修飾された名詞を強調したいときはthatを使うのが近年の傾向である、といえるとおもいます。

 

 

非限定用法:

 

The 1990 Clean Air Act provides for interstate commissions on air pollution control, which are to develop regional strategies for cleaning up air pollution.

 

Buses and trucks, which produce a lot of pollution, haven't had to clean up their engines and exhaust systems as much as cars.

 

These guidelines, which are not requirements, include design information for less-polluting stoves and fireplaces.

 

大気汚染防止法の要約の文章では上の2番目、3番目の例のように非限定用法は文の中に短い節として挿入されたものが大部分です。一番目の例のように

文を非限定用法で長く補足して説明する例は少ないです。このよう時には補足説明を独立した文としたほうが読者にわかりやすくなるからです。

 

 

例2(簡略化された形の関係詞節)

 

大気汚染防止法の要約の文章では簡略化された形の関係詞節は404文中35回(9パーセント)使われています。プレイン・イングリッシュでよく使われる文のつなぎ方といえます。

 

限定用法:

 

Businesses seeking permits have to pay permit fees much like car owners paying for car registrations.

 

Gases escape from liquid gasoline and form a vapor in a process called vaporization or evaporation.

 

The sulfur dioxide and nitrogen oxides released from the Midwestern power plants rise high into the air and are carried by winds toward the East Coast of the U.S. and Canada.

 

上の例のように、限定用法は文中の名詞を短い修飾節で説明する場合に使われています。簡略化された関係詞節が長くなると文の構造がわかりにくくなりますから、プレイン・イングリッシュでは避けます。

 

 

非限定用法:

 

Air pollution can cause haze, reducing visibility in national parks and sometime interfering with aviation.

 

Ground-level ozone is produced by the combination of pollutants from many sources, including smokestacks, cars, paints and solvents.

 

Air pollution monitoring stations are set up all over the country, collecting information on various pollutants.

 

 

非限定用法は文の補足的な説明で、文の最後についています。1番目の例を接続詞で書きなおすと次のようになります。

 

Air pollutions can cause haze and reduces visibility in national parks and sometimes interferes with aviation.

 

簡略化された関係代名詞を使うことによって、主節のAir pollutions can cause hazeを強調し、補足説明を従属節にすることができます。

 

 

名詞節でつなぐ

 

大気汚染防止法の要約の文章では why, how等の関係副詞で始まる名詞節で内容を説明した文が18、thatで始まる名詞節で内容を説明した文が14あります。プレイン・イングリシュで文をつなぐときに大切な方法です。次の例を見てみましょう。

 

例1(why, how等の関係副詞で始まる名詞節で内容を説明する)

 

The permit includes information on which pollutants are being released, how much may be released, and what kinds of steps should be taken.

許可書には放出する汚染物質の種類、量、放出の手段が明記されている。

 

What we typically call smog is primarily made up of ground-level ozone.

スモッグと通常いわれるものは主に地表に近いところにあるオゾンで生じる。

 

Newspapers, radio and television will report on how the Act is being carried out, both nationally and in your local area.

新聞、ラジオ、テレビが全国と地域における大気汚染防止法の施行状況を報道します。

 

関係副詞で始まる名詞節はプレイン・イングリッシュでよく使われますが、日本人には使い方のコツを覚えるのが難しい文のつなぎ方です。これは日本語の表現方法と大分相違があることによります。上の英文例を日本語で表現してみました。この日本文を英文で表現してみましょう。1番目の例だと関係副詞を使わずに次のようにすると思います。

 

The permit specifies the kinds and amounts of pollutants to be released and the method to be used for each company.

 

プレイン・イングリッシュでは内容をなるべく具体的に表現します。そしてこのためには名詞句より動詞の入った関係副詞で始まる名詞節を使います。

 

The kinds of pollutants to be released  ---> which pollutants are being released

The amounts of pollutants to be released ---> how much may be released

The method to be used ---> what kinds of steps should be taken

 

 

例2(thatで始まる名詞節で内容を説明する)

 

This ensures that all Americans have the same basic health and environmental protections.

大気汚染防止法は(全てのアメリカ人が同等の健康と環境の保護を受ける権利を持つことを)保障する。

 

In the mid 1970s, scientists suggested that chlorofluorocarbons (CFCs) could destroy stratospheric ozone.

70年代に科学者が(CFCが成層圏のオゾンを破壊することを)指摘した。

 

Other states can require that cars meeting the California standards be sold in their states.

他の州政府も(カリフォルニア洲基準に合格した自動車だけを販売することを)要求できる。

 

How will you know the Clean Air Act is improving the environment?

(大気汚染防止法が環境を改善しているこが)どうして分かりますか?

 

上の例では名詞節は主節の目的語になっていますが、内容的には文の一番大切な部分を構成します。日本文では(〜であること、〜すること、〜を)などの表現になっているところを、英文ではthatで始まる名詞節で表現することが出来ます。

 

 

小文の内容を他の小文に組み込む

 

ひとつ小文の内容を他の小文に不定詞、分詞を使った句として組み込む方法はたくさんあります。いずれも「小文と小文のつなぎ方の分類」の例で示したように関係詞節、従属節が簡略化された形と見ることが出来ます。

 

 

I have a dream.

I want to go to France.

I have a dream that I go to France.

I have a dream to go to France.

 

簡略化にはいろいろは方法がありますが、大気汚染防止法の要約の文章では次のような方法が多く使われています。

 

不定詞の形容詞用法(12回)

 

 

Governments on the East Coast from Maine to Washington, D.C., will have to work together in a multi-state effort to reduce the area's smog problem.

地域のスモッグを軽減するための多数の洲による努力

 

Throughout the Act, the public is given opportunities to take part in determining how the law will be carried out.

大気汚染防止法がどのように施行されかを決めることに参加する機会

 

The Clean Water Act requires permits to release pollutants into lakes, rivers or other waterways.

汚染物質を河川、湖沼や他の水流に放出する許可証

 

上のように英文の名詞を形容する不定詞用法は、日本文では動詞の連体形になっている場合が多いです。このよう時には先ずは関係代名詞を使って文をつないでみます。1番目の例は関係代名詞を使えば次のようになります。

 

Governments on the East Coast from Maine to Washington, D.C., will have to work together in a multi-state effort that will reduce the area’s smog problem.

 

ここで関係代名詞のままにするか、または不定詞の形容詞用法にするかは、関係代名詞で補足した修飾節の内容がどれだけ名詞と密接な関係を持っているかによります。関係代名詞の限定用法で表現するよりもっと密接な関係を持つ場合は不定詞の形容詞用法が使えます。

 

 

不定詞の副詞用法(9回)

 

 

Auto inspection provisions were included in the law to make sure cars are well maintained.

自動車が整備されていることを確認するために、〜

 

You can sue the government or a source's owner or operator to get action when EPA or your state has not enforced the Act.

環境保護局やあなたの住んでいる洲が大気汚染防止法を施行しないときに何らかの行動と取るように、〜

 

The deadlines in the 1990 Clean Air Act were designed to be more realistic than dead- lines in previous versions of the law, so it is more likely that these deadlines will be met.

従来の法律に含まれていた期限よりももっと現実的なものにするために、〜

 

上の例では不定詞は文全体を修飾しています。1番目の例では不定詞は次のような目的をあらわす従属節を簡略にしたものです。

 

Since we wanted to make sure cars are well maintained, auto inspection provisions were included.

 

このような不定詞の副詞用法は日本文との関連がはっきりしているので、比較的やさしいと思います。

 

 

主語+動詞+目的語+to do(5回)

 

 

The law allows individual states to have stronger pollution controls, but states are not allowed to have weaker pollution controls than those set for the whole country.

 

The 1990 Clean Air Act ordered EPA to set up clearinghouses to collect and give out technical information.

 

このような不定詞は限られた動詞(使役動詞)との組み合わせで使われます。A makes B (to) do B. という形です。I allowed him to attend my lesson. のように人称を主語にして使うことはやさしいですが、上の2例のように非人称を主語にする使い方はなかなか難しいです。

 

 

現在分詞の名詞用法(動名詞)(9回)

 

 

Requiring polluters to apply for a permit is not a new idea.

 

In addition to requiring the phasing out of production of ozone-destroying chemicals, the Clean Air Act takes other steps to protect the ozone layer.

 

上の1番目の例は次の文の簡略化されたものです。

 

That we require polluters to apply for a permit is not a new idea.

汚染物質を排出する企業に認可の申請を義務付けること新しいアイデアではない。

 

上の二つの文を動詞の名詞化を使って次のように表現することも出来ます。

 

Permit requirement for polluters is not a new idea.

 

In addition to the requirement that production of ozone-destroying chemicals should be phased out, the Clean Air Act takes other steps to protect the ozone layer.

 

しかしプレイン・イングリシュでは動詞の名詞化より動詞自体を使った動名詞のほうが、文の内容のイメージが明確になります。

 

 

終わりに

 

大気汚染防止法の要約を例に使ってプレイン・イングリッシュにおける小文と小文のつなぎ方を見てみました。プレインイングリシュでは、基本文型を用いて短い文で文章を書く、基礎的な文のつなぎ方を使って文章全体を論理的に構成する、の二つが大切です。この二つのことを習得することで、十分に実用に耐える英文を書くことができます。