ホームページに戻る

 

英作文コラム II

 

英文の内容伝達力

 

英作文の目的は書き手がある事柄、感想を読み手に正確に伝達できるように英文で表現することです。どれだけ正確に伝達できるかは、書き手の英文による伝達力と読みての英文の読解力、それと事柄、感想にたいする書き手と読み手の共通認識の度合いによります。共通認識は、例えば、書き手と読み手が飲み仲間なら、書き手が「今日、七時にいつもの居酒屋で飲もう」とメールを送れば、読み手はどこの居酒屋かわかる、というような状況を指します。

 

この英作文添削講座では次のことを想定しています。

 

·         読み手の英文読解力:読み手は英語を日常使っている人で、英字新聞の内容を理解する読解力がある。

 

·         書き手の読み手の共通認識度:読み手は日本事情について興味を持つが、日本についての専門家ではない。

 

·         添削の規範:添削はプレイン・イングリッシュの精神、および文体を規範にする(内容を簡単、平明に伝える)。

 

·         添削箇所:英文の構成、論理、単語の使い方、文法を添削する。

 

以上のことをガイドラインにして添削をしてきましたが、一つ欠けているものがあるのに気付きました。それは、投稿のままの英文で読み手にどれだけ内容を伝えれらか、ということです。

 

英語を第二言語とする人にとって、英作文の目的は英語を日常使う教養ある人(英語を母語とする人でもしっかりした英文を書ける人は多くはありませんから、しっかりした英文を書ける人を「教養ある人」としました)と同等の英文を書けるようになることではありません。英文を書く状況に応じて、内容を正確に伝達できる英文を書くことです。

 

では、読者の皆様の投稿はどの程度の内容伝達力を持つでしょうか。このことについてのコメント難しいのですが、次のような想定を設けてコメントして見ようと思います。

 

·         投稿の読み手(私)は投稿を独立した文章として読んで(日本語の問題を脇に置いて)内容をどれだけ理解できるか試します。

 

·         投稿の読み手〈私〉は英語の発想法で投稿を読みます。日本人である私にはなかなか難しいことですが、投稿を読むときには日本語の発想による内容の解釈を脇において、日常生活に英語を使う教養ある人の英語発想で内容を理解をします。

 

·         投稿の内容伝達力を4段階に評価します。

1.       英文の内容の総てがわかります。

2.       英文の内容のほぼ総てがわかります。

3.       英文の内容の概略はわかりますが、わからないところがあります。

4.       英文の内容に構文上の問題があり、内容がわかりません。

 

内容伝達力についてのコメントを最初にするので、投稿内のコメント番号が1から始まらないことに注意してください。

 

添削をご覧になるとお分かりのように、一般的に投稿の内容伝達力が高いことがおわかりでしょう。添削箇所の少ない投稿は必ずしも内容伝達力が高いとは限らず、逆に添削箇所の多い投稿が必ずしも内容伝達力が低いとも限らないことに注意してください。

 

今まで、伝達力についてのコメントは、伝達力の評価を入れなければならないので行いませんでした。しかし、日本人の第二言語としての英作文は内容伝達力こそ重要だ、ということを再確認して、伝達力評価のコメントに入れて見ることにしました。実際に、私もカナダにおける英文生活(英文を書いて給料を貰う)の中では、文章の内容と内容伝達力を向上するにはどうしたらよいかに重点を置いてきました。

 

投稿は細かなところまで添削しているので、このように添削された文章でないと、内容の伝達が出来ない、という誤解が生じないようにこの文章を書きました。英作文の勉強では先ずは内容伝達力の向上を目指す、そして時間をかけて語彙を増やし、文法を確かなものにしていく、という方法がよいと思います。

 

プレイン・イングリッシュは内容伝達力向上の規範です。このような視点からプレイン・イングリッシュを見直してください。語彙、文法、構文、文章構成などについては個々の添削箇所を参考にしてください。

 

コメントがありましたらメールでお伝えください。

 

 

おかしな新聞の見出し集 2003年版

 

米国連邦政府のプレイン・イングリシュ普及ホームページPlain Language.com http://www.plainlanguage.gov/index.cfm に2003年のおかしな新聞の見出しが集めてあります。書いた本人は気が付かなかったのでしょうか、それとも気づいていても読者の楽しみのために、そのままにしたのでしょうか?

 

Police began campaign to run down jaywalkers.

横断歩道でないところで道を横切る人をjaywalkerといいます。警察は怖いことを始めましたね。

 

Iraqi head seeks arms.

頭が腕を見つけています。

 

Miners refuse to work after death.

死んでしまっては働けません。

 

Juvenile Court to try shooting defendant.

これも怖いですね。ではなんと言ったらよいでしょう。

 

Red tape holds up new bridges.

ずいぶん丈夫な赤いテープですね。

 

New study of obesity looks for larger test group.

larger test groupをなんと言い直したらよいでしょうか。wider test groupも駄目ですね。

 

Kids make nutritious snacks.

少しもおかしくないですか?おかしいですよ。make nutritious snacksmakeには二つ意味があることを思い出しましょう。

 

Chef throw his heart into helping feed needy.

大変献身(心)的なシェフです。

 

Typhoon rips through cemetery; hundreds dead.

人は二度死ぬ。

 

 

How to Write Good

 

おかしな新聞見出しと同じホームページにわかりやすい英語を書くアドバイスの箇条書きが載っています。出典はわからないようですが、アドバイス自体の中に例が組み込まれた面白い構成になっています。標準的なアドバイスですが、私にはどのようにアドバイスの中に例が組み込んであるのかわからないものがあります。私にわかるアドバイスをこのページで説明する予定です。

 

1.       Always avoid alliteration.

2.       Prepositions are not words to end sentences with.

3.       Avoid cliches like the plague—they're old hat.

4.       Employ the vernacular.

5.       Eschew ampersands & abbreviations, etc.

6.       Parenthetical remarks (however relevant) are unnecessary.

7.       Parenthetical words however must be enclosed in commas.

8.       It is wrong to ever split an infinitive.

9.       Contractions aren't necessary.

10.    Do not use a foreign word when there is an adequate English quid pro quo.

11.    One should never generalize.

12.    Eliminate quotations. As Ralph Waldo Emerson once said:

13.    "I hate quotations. Tell me what you know."

14.    Comparisons are as bad as cliches.

15.    Don't be redundant; don't use more words than necessary; it's highly superfluous.

16.    It behooves you to avoid archaic expressions.

17.    Avoid archaeic spellings too.

18.    Understatement is always best.

19.    Exaggeration is a billion times worse than understatement.

20.    One-word sentences? Eliminate. Always!

21.    Analogies in writing are like feathers on a snake.

22.    The passive voice should not be used.

23.    Go around the barn at high noon to avoid colloquialisms.

24.    Don't repeat yourself, or say again what you have said before.

25.    Who needs rhetorical questions?

26.    Don't use commas, that, are not, necessary.

27.    Do not use hyperbole; not one in a million can do it effectively.

28.    Never use a big word when a diminutive alternative would suffice.

29.    Subject and verb always has to agree.

30.    Be more or less specific.

31.    Placing a comma between subject and predicate, is not correct.

32.    Use youre spell chekker to avoid mispeling and to catch typograhpical errers.

33.    Don't repeat yourself, or say again what you have said before.

34.    Don't be redundant.

35.    Use the apostrophe in it's proper place and omit it when its not needed.

36.    Don't never use no double negatives.

37.    Poofread carefully to see if you any words out.

38.    Hopefully, you will use words correctly, irregardless of how others use them.

39.    Eschew obfuscation.

40.    No sentence fragments.

41.    Don't indulge in sesquipedalian lexicological constructions.

42.    A writer must not shift your point of view.

43.    Don't overuse exclamation marks!!

44.    Place pronouns as close as possible, especially in long sentences, as of 10 or more words, to their antecedents.

45.    Writing carefully, dangling participles must be avoided.

46.    If any word is improper at the end of a sentence, a linking verb is.

47.    Avoid trendy locutions that sound flaky.

48.    Everyone should be careful to use a singular pronoun with singular nouns in their writing.

49.    Always pick on the correct idiom.

50.    The adverb always follows the verb.

51.    Take the bull by the hand and avoid mixing metaphors.

52.    If you reread your work, you can find on rereading a great deal of repetition can be by rereading and editing.

53.    And always be sure to finish what