ホームページに戻る
英作文のトップページに戻る


冠詞を決める

 

日本人にとって英語の冠詞の使い方と名詞を単数にするか複数にするかは大変難しいですね。私がカナダの州政府で働いていたころ、毎日メモや報告書を書いていましたが、政府ではいろいろな人が何回も内容や文章を添削してやっと最終的なメモや報告書になるシステムになっていました。おかげで自分の書いたものを添削してもらったり、他人の書いたものを添削する毎日でした。

 

この過程で気がついたことは文章の構成を直されなくなった後でも、いつまでも冠詞の添削が続いたことです。英語を母国語とする人は幼児のころから、名詞と冠詞の関係を毎日の経験を通して身につけていくようです。ちょうど日本語を母国語とするひとが、たとえ簡潔な文章を書くことが苦手でも、「てにをは」は間違えない、と同じようなものなのでしょう。名詞を使うときは必ず冠詞が付くか付かないか、付くときには不定冠詞か定冠詞か、ということを無意識に判断しているのでしょう。

 

多くの日本人にとって英語は努力して勉強したものです。長い経験から冠詞の使い方が自然に身に付いたものではありません。冠詞の使い方のような英語の基本概念は勉強してもなかなか身に付きません。と、嘆いてばかりいても仕方ないので、理論でわかるところまではわかる努力をしてみましょう。冠詞の使用法は万人に共通の確固とした規則ではありません。大まかな慣習的な規則がありますが、文章の状況により個人差があります。ここではこの大まかな規則に沿って冠詞の使用法を考えます。

 

最近は冠詞の使用法に付いてだけの本も何冊か出ています。私は私の理解範囲内で次のように整理しています(詳しくは私の本の第12章、「冠詞の使い方を学ぶ」をご覧ください。)

 

1.       可算名詞で一般的なものを指す (不定冠詞)

2.       加算名詞(複数)で一般的なものを指す(冠詞無し)

3.       可算名詞で特定なものを指す (定冠詞)

4.       不可算名詞で一般的なものを指す (冠詞無し)

5.       不加算名詞で特定なものを指す (定冠詞)

6.       慣用的な特殊用法 (いろいろ)

7.       所有代名詞で冠詞を代用

 

先ずは上の大まかな分類で冠詞の使い方を調べてみましょう。英文で名詞を使うときは必ず冠詞が要るか、要らないか、要る場合は不定冠詞か定冠詞か、名詞は単数にするか、複数にするか、考えます。まことに面倒なことですが、英語を外国語として学ぶ日本人の宿命と甘受しましょう。

 

例題 1:初級練習問題 71

 

「東京電力の原発トラブル隠しの影響で停止している県内の原子炉のうち、福島第一原発3号機について、佐藤知事は8月12日、県庁で東電の勝俣社長と会談し、運転再開の受け入れを表明した。」

 

On August 12, Mr. Sato, Governor1 of Fukushima Prefecture, had a meeting2 with Mr. Katsumata, President3 of Tokyo Electric Company4, and told him that the Prefecture of Fukushima5 would agree to let Tokyo Electric Company to restart the third generator6 of the First Fukushima Nuclear Power Station7. All nuclear stations8 in the prefecture9 had been shut down after Tokyo Electric Company was found to have kept problems10 with the operation11 of its nuclear power stations12 secret from the public13.

 

コメント

 

1.       慣用特殊;役職名(president, director, chairperson, chairなど)はいくつかの表現法があります。Mr. Sato, Governor of Fukushima Prefecture; Mr. Sato, the governor of Fukushima Prefecture; Mr. Sato, governor of Fukushima Prefecture (主に米国で使用)。

 

2.       加算不定冠詞:meetingは「会合をすること」という抽象名詞で不加算名詞ですが、ここでは「会合」という可算名詞として使われています。文に始めて出てくるので不定冠詞です。

 

3.       慣用特殊:役職名

 

4.       慣用特殊:会社名は一般的には冠詞がつきません。固有名詞であることを示すために大文字で始めます。会社によっては伝統的に定冠詞をつけているところもありますが、日本の会社名で定冠詞をつけているところは少ないでしょう。

 

5.       慣用特殊:都道府県名はthe Prefecture of Fukuhshima; Fukushima Prefecture; the Fukushima prefectureと三通りの表現方法があります。I live in the Prefecture of Fukushima.「私は福島県に住んでいます。」The Prefecture of Fukuhshima decided for re-opening the nuclear power station.「福島県庁は原発の運転再開を決めた。」のようにthe Prefecture of Fukushimaは地名、県庁という政治組織の二つの意味に使えます。

 

6.       加算特定:福島第一原発の三号機という特定なものなので定冠詞を付けます。

 

7.       特殊慣用:固有名詞ですが第一原発なので特定なものとして定冠詞を付けます。

 

8.       加算複数冠詞無し:福島県にある原発の数は限られていますが、文中に始めて出てきて、読者は原発の数をしらないのでAll nuclear stationsと複数形で冠詞を付けません。

 

9.       特殊慣用:in the prefecture(県内では)は読者にわかる特定な場所なので定冠詞を付けます。

 

10.    加算複数冠詞無し:文中にはどのようなトラブルなのか、説明がありませんから、複数形で冠詞を付けません。

 

11.    付加算特定:operationは「動作をすること」という不加算名詞(The factory has been in operation for three years.)と「動作」という可算名詞(You have to be careful to complete this very delicate operation.)があります。文中では「運転をすること」という不加算名詞ですが、「原発の運転をすること」と特定な動作を指しているので、定冠詞をつけます。

 

12.    文中に既出の原発ですが、東京電力の原発という特定なものなのでitsで定冠詞を代用します。文中に既出の特定なものに属するものは冠詞ではなくて代名詞を使う、ということが英語の特徴の一つです。

 

13.    特殊慣用:in the public(公開の場で)、for the public(一般の人のために)などの慣用表現があります。

 

例題 2:初級練習問題 77

 

「8月14日午後2時50分ごろ、関西空港の滑走路の両脇に設置されているライトの半数(計58個)が突然消え、視界不良になったため航空機の発着が出来なくなった。」

 

At around 2:50 p.m. on August 14, 20031, half 2of the lights3 (58 pieces in total) on both4 sides of the main runway5 at Kansai International Airport6 suddenly went out. The blackout7 reduced visibility8 on the runway9 and prevented aircrafts10 from landing on or taking off from the airport11.

 

コメント

 

1.       特殊慣用:日時の表現方法はいくつかあります。At around fifty minutes past two o’clock in the afternoon on the fourteenth of August in the year 2003が一番長い表現方法でしょう。段々と短くしていきます。At around 2:50 in the afternoon on August the fourteenth, 2003; At around 2:50 pm (p.m. or pm.) on August 14, 2003. 実務文では簡略を重視して最後の短い表現方法が多いです。

 

2.       慣用特殊:half(半分、半分の)には冠詞が付きません。Would you like half an apple? About half (of) the class were absent today.

 

3.       加算特定:文中に始めて出てきます「走路のライト」なので特定になります。

 

4.       慣用特殊:both (半分、半分の)には冠詞が付きません。Both my parents are over 80 years. I can understand both sides of the argument.

 

5.       付加算特定

 

6.       慣用特殊:固有名詞で冠詞無しが正式名称です。

 

7.       加算特定:文長に始めて出てきますが、文の内容から読者にわかる特定のことなので定冠詞を付けます。

 

8.       付加算一般:「視界不良」という一般条件なので冠詞を付けません。

 

9.       加算特定

 

10.    加算一般:関西空港にいた飛行機一般を指します。

 

11.    加算特定:関西空港のことなので特定されます。

 

 

例題 3:初級練習問題 91

 

「青森県は台風14号の影響で9月13日夜から14日早朝にかけて暴風に見舞わ津軽地方で収穫前のリンゴが落下したり枝が折れたりする被害が出た。」

 

Typhoon Number 141 brought a strong storm2 to Aomori Prefecture3 by from the night4 of September 13 to the early morning5 of September 14. The storm6 caused damage7 to the apple orchards8 in the Tsugaru region9, breaking branches10 and felling apples11.

 

コメント

 

1.       慣用特殊:台風はこのように表現します。

 

2.       加算一般:文中に始めて出てきます。

 

3.       慣用特殊

 

4.       加算特定:9月13日の夜ですから特定です。

 

5.       加算特定

 

6.       加算特定:文中に既出の台風です。

 

7.       付加算一般:文中に始めて出てくる不加算名詞なので冠詞は付けません。

 

8.       加算一般

 

9.       慣用特殊:in the Tohoku region, in the Kyusyu regionのような慣用表現です。

 

10.    加算一般

 

11.    加算一般

 

 

例題 4:初級練習問題 94

 

「厚生労働省と文部科学省の検討会議が相次いで、薬剤師を養成するための薬学教育期間について、現行の4年から6年に延長することを盛った中間報告をまとめた。」

 

次の英文は冠詞が数字の付いた名詞から省略してあります。冠詞を入れて(冠詞の必要ない場合もあります)みてください。解答例はここにあります

 

Ministry of Health, Labor and Welfare and the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology1 separately announced own interim report2 on education reform3 for pharmacists4. Both reports5 proposed to extend education6 from current four years to six years7.

 

例題 5:初級練習問題 107

 

「今の子どもたちは、親の世代にあたる30年前の子どもより体格は上回っているものの、体力は下回っていることが10月10日、文部科学省の2002年度体力・運動能力調査で分かった。」

 

次の英文は冠詞が数字の付いた名詞から省略してあります。冠詞を入れて(冠詞の必要ない場合もあります)みてください。解答例はここにあります

 

Children1 today have larger body frame2 but less physical capacity3 than parents4 when parents5 were at age6 thirty years ago. This was finding7 of a survey released on October 10 by Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology8. Ministry9conducted a survey10 of physical and exercise capacity11 of school children12 in 2002.