ホームページに戻る

英作文のトップページに戻る

 

7 丁寧に話す

 

英語でも日本語と同様に、依頼、提言、願望、意図などの内容を話すときには、丁寧、婉曲、微妙な態度などの気持ちを込める言い方があります。話す内容自体を丁寧、婉曲に表現する他に、英文法でmodals(除法)と言われる特別な表現法を使います。除法については拙書「英語で書く基本が身につく本」の 第15章 「微妙な気持ちや態度を表現する。」を参考にしてください。

 

英作文添削講座では実務文の例題が多く、内容を簡潔に伝えることを目的にしているので、除法の用例はごく少ないです。しかし、会話では内容の伝達のほかに、話しての態度、気持ちを伝えることが多いので、除法はよく使われます。除法は助動詞+動詞の形をとりますが、会話の状況に応じて微妙に意味合いが変化します。

 

Can you help me?

Could you help me?

Would you help me?

 

I can help you.

I could help you.

I may help you.

I might help you.

I will help you.

I would help you.

 

日本語でも状況に応じていろいろな言い方がありますね。「手伝ってください。」、「手伝っていただけますか」、「お手伝いいただけます」、「手伝いますよ」、「お手伝いいたします」、「手伝ってあげられます」、「手伝ってもいいですよ」などなどです。除法の用法は状況によるので、一般的にどの英語の除法がどの程度の丁寧な日本語の表現に対応するのか言えません。日本語も敬語や丁寧な言い方を状況に応じて使い分けるのは難しいですが、英語でも同様なことが言えます。英会話で一番難しいのは除法をマスターすることでしょう。状況次第で意味合いが微妙に変化するので、会話の場数を重ねて感覚を身に着けるより他に方法は無いのでしょうか?

 

わたしはずいぶん長く英語圏で生活していています。話し相手の除法の意味は有る程度(相手の話態度や表情を見ていて)わかるようになりましたが、自分が除法を駆使するにはまだまだです(まあ、日本語でも敬語をしっかりと使えるとは言えませんが)。私の実際的な方法は、依頼などの時は状況により、二段階ぐらいの除法を使い分ける(例えば、Can you help me?Would you help me?)と話の内容自体を丁寧に(文を省略せずに主語+動詞+目的語というようなしっかりした文型で)話すです。

 

英作文練習問題には除法の例題になるものが無いのですが、次の二例でMakotoさんにがんばってもらいましょう。

 

例題 1(初級練習問題 83)

 

札幌市中央区の専門学校、日本ビジネススクールは、公募した2組の結婚式を学生が無料でプロデュースし、10月に行う。何らかの理由で式を挙げられなかった夫婦を対象にする。

 

英作文

 

The Japan Business School, a special school in Chuo Ward, Sapporo, is advertising for couples who have not held a wedding ceremony. The students at the school will provide two such couples with free services of producing and conducting a wedding ceremony this October.

 

英会話

 

Makoto: “Hello George, you are dressed up today. Where are you going?”

 

George: “Hello Makoto, I am going to my friend’s wedding reception Meiji Memorial Hall.”

 

Makoto: “That sounds nice. It must be an expensive place to have a wedding reception.”

 

George: “Yes, it is. But my fried is a lucky guy. The bride’s parents are going to pay all expenses.”

 

Makoto: “It is wonderful. I wish I had1 such parents-in-law.”

 

George: “By the way, when will be your wedding?”

 

Makoto: “We are thinking sometime next spring. But our wedding will be very modest. We haven’t decided where we are going to hold a reception. But once decided, we will surely send you an invitation. Would you come2 to our wedding reception?”

 

George: “Thank you very much. Off course, I would3.”

 

Makoto: “There was an interesting article in the newspaper the other day. The Japan Business School in Sapporo is providing free wedding ceremonies. This school has a special course for wedding advisors and students are organizing the wedding ceremonies.

 

George: “A good idea. But how come they are providing free services?”

 

Makoto: “Oh, not for anybody. They are looking for two married couples who couldn’t afford to have a wedding ceremony one way or another.”

 

George: “That is too bad. I thought you should apply for it.”

 

コメント

 

1.       このような「実際ではそうでないがもしそうだったら」という仮定法も会話によく使われます。

 

2.       友達でも招待なので丁寧に依頼しています。

 

3.       Would you come ~? に対応して、丁寧にI would (come). と答えています。