トップページに戻る

上級練習問題 1−5

次の日本文の内容を英語で表現してください。内容が明確に伝わるように英文の主語、述語を選択し、必要に応じて日本文とは違った構成を考えてください。

練習問題 1 「パラサイト シングル」

近年、親と同居し、基礎的生活条件を親に依存している、20代後半から30代の未婚者が増えている。(パラサイト・シングルともいわれている)。1998年の政府の調査によると、25歳から49歳の未婚者で親から経済的援助を受けている人の割合は、男性で30%、女性で40%となっており、さらに、親に身の回りの世話をしてもらっている人の割合は、男性で52%、女性で73%にのぼっている。

 

パラサイト・シングルが結婚し独立しない背景として、どのような考え方が強く働いていると思うかを尋ねたところ(複数回答)、「経済的に楽な生活を送れるから」がもっとも高く63%、次いで「家事等の身の回りの世話を親がしてくれるから」が60%、「結婚したくても適当な結婚相手がいないから」が44%となっていいる。

練習問題 2 「山岳救助の費用」

山岳遭難などでヘリコプターが出動したり、救助隊が出たりした場合、その費用はどうなるのだろうか。

日本アルプスを管内にもつ長野県警は、警察官15人からなる山岳救助隊があります。警察本部など県内4か所に分散して勤務しています。同県警によると、警察のヘリや救助隊(警察官)の出動費用は税金で賄われるので、遭難者が負担する必要はない。

しかし、緊急を要し、天候が悪い場合などで、山小屋の関係者など民間の人に救助隊への参加を求める場合があり、その際は日当を支払う。この場合も遭難者の関係者に費用がかかることを説明して、事前に了承を得る。

 

 

練習問題 3 「厳しい高卒の就職市場」

 

北海道労働局は8月26日、来春の高校卒業予定者に対する道内の求人状況(7月末現在)を発表した。就職希望者1万2775人に対する求人数は3586人。求人倍率は前年同月比0・07ポイント低下の0・28倍となり、現行の採用選考・内定開始日(9月16日)が定められた1988年以降で最悪となった。

 

高卒予定者に対する求人は6月中旬から受け付けが始まったが、厳しい経済情勢を反映し、前年比1210人、25・2%も減少した。道内企業は2605人で739人減、道外企業は981人で471人減となった。

一方、就職希望者は来春の卒業予定者6万2532人のうち20・4%。前年より1013人、7・3%減少している。同局は求人数が減り、希望する職種に就職できない状況を見極め、早々と進路希望を変更し、職業訓練学校や専門学校に切り替えていることが考えられるという。

同局では、各ハローワークの求人開拓推進員などが企業を訪問するなどし、早めの採用計画を立てるよう要請しているが、企業側は「経済状況が厳しく見通しが立たないとの反応で、今年も厳しい就職戦線を予測している。

 

練習問題 4 「イタリア農林省の世界のイタリア料理店格付け」

イタリア農林省はこのほど、世界各地のイタリア料理店に調査員を派遣し、「本物の味」を提供しているかどうかを認定する「認定保証制度」を導入する構想を明らかにした。

「イタリア国旗が飾ってあるだけでイタリアンとは言い難いレストランがはびこっている」(農林相)からだと説明するが、「食の国」としての自負だけでなく、世界に広がる昨今のイタリア料理ブームを自国製食材の輸出増につなげようとの狙いも背景にあるようだ。

農林省報道官室の説明によると、来年からの導入を目指し、9月から本格的に準備を始める。現段階の構想では、まず、制度を運営する株式会社を設立。同社が、“格付け”を希望する世界各地のレストランに調査員を派遣、〈1〉代表的なイタリア料理がメニューに含まれているか〈2〉オリーブ油やパスタなどの食材にイタリア製が使われているか〈3〉イタリア人シェフもしくは、イタリアの調理学校を出たシェフがいるか、などを調べ、「合格」なら認定マークを授与するという。

 

練習問題 5 「書くことを重視する教育」

価値観が多様化した現代の日本社会においては、自分の意見を言葉で論理的に他人に伝える必要があります。日本人はいままで比較的均一な価値観を持っていたので、相手の自分と同じ経験に訴えることによって、言葉で詳しく言い表わす必要がありませんでした。

しかし急に日本人の生徒に「はい、ディスカッションをしなさい」といってもなかなか難しいでしょう。そこで、まずイギリス型教育の導入がいいのでは、と考えます。アメリカでは口頭での議論が中心ですが、イギリスは書くことを重視します。なんとか日本の大学以前の教育にまず論文を書くことを組み込んでいけないか、と考えております。論文であれば時間をかけて考えれるし、本を読んで知識も得られる、論理的思考も養われる、という利点があります。